自己監視 自発的なフィードバック

自己監視 自発的なフィードバック

自己監視(セルフ・モニタリング)とは?

フィードバックとは、現状を認識し、周囲の者からアドバイスを得て、今後の行動につなげることだ。

 

ただしフィードバックは、自発的に得ようとしないと、効果が弱いという。

 

自発的なフィードバックとは、自分で自分自身の現状を、省みて監視することで、これを特に「自己監視」(セルフ・モニタリング)と呼ぶ。

 

だが「やってのける」という本によると、自己監視は二つの点で難しいという。

 

というのは、せっかく一生懸命に頑張ってるのに、そこで立ち止まって現状分析するのは、実はかなり難しいし、やる気を失いかねない。

 

やり始めたら、結果が良かろうが悪かろうが、やり続けたくなると言うのが、人間の性らしくて、それを否定しないと行けないのだ。

 

そしてもう一つの難点は、否定的なフィードバックに直面すると、やる気を失いかねないことだ。

 

現状認識は、やる気を出すのに必要だが、努力が全然、成果につながっていなかったり、ダメな方法でやっていることが分かると、やる気が逆になくなることも多い。

 

ここ最近続けてきた努力が、ほとんど意味が無いものだったと知れば、何をやっていたんだろうとガッカリする。

 

よくあることだけど、実際にそうなると、やっぱり、やる気が萎えてしまう。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る